生活相談員・相談員

生活相談員とは

生活相談員(生活支援員)とは、介護や支援が必要と認定された高齢者や障害者やその家族を対象として、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、短期入所生活介護(ショートステイ)、通所介護(デイサービス)にて入所から生活まで相談援助・指導業務を行う専任の職員(ソーシャルワーカー)です。オールマイティーで中間管理職のような責任が伴う職種ですが、事業所やそのスタッフと利用者を繋ぐ架け橋となれる大変やりがいのある仕事です。
■生活相談員になるには
生活相談員になるための資格条件は各都道府県により異なり、多くの施設では社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事任用(県によっては介護福祉士・ケアマネージャーも該当)の資格を主な条件としています。

コラム

相談員とは

相談員とは、企業や法人によって役割は様々であり、業務内容は多岐に渡ります。主に有料老人ホームなどで募集のある職種です。例えば【入居相談員】として業務を行う場合、介護施設等への入居を検討している高齢者又そのご家族とお会いし、入居に対する不安を取り除いた上で、契約までをサポートする事が一般的なようです。施設で働く他の職種の方々とも連携を取りながら業務を進めるので、やりがいを持って働けます。資格条件なしで採用している事業所もあるので募集要項を確認しましょう。