介護福祉士

介護福祉士について

介護福祉士は1987年に制定された「社会福祉士及び介護士福祉法」に基づき定められた、介護福祉分野における唯一の国家資格です。身体的・精神的に障害のある方のために、食事・入浴・排泄などの生活全般にわたって介護やフォローをし、自立を助けるという福祉の現場のエキスパートである介護福祉士の必要性は年々確実に高まっていますが、まだまだ人材不足なのが実情です。来たるべく高齢化社会に向けて欠かすことのできない介護のスペシャリスト「介護福祉士」をあなたの一生の仕事にしませんか。
■介護福祉士の資格について
介護福祉士の資格を取るには養成施設を卒業するコースと国家試験を受験するコースがあります。自分に合った方法で資格を取得しましょう!
1、養成施設に通う場合…高卒以上の人が2年制(夜間は3年制)もしくは4年制の養成機関に通学して卒業するコース、福祉系大学で指定科目を履修した者または福祉系大学で指定科目を履修した者や社会福祉士・保育士養成施設を卒業した者が1年制の介護福祉養成施設に入学し、卒業と同時に介護福祉士の資格が取得できるコースがあります。
2、国家試験を受験する場合…老人福祉施設や児童福祉施設、また病院の病棟や診療所で3年以上介護業務に従事するか、高校または修学年限2年以上の高校の福祉科福祉コースを専攻し、福祉に関する科目を修める必要があります。

コラム