ケアマネージャー

ケアマネージャーについて

「ケアマネージャー」は「介護支援専門員」の別名で、介護や支援を必要とする要支援または要介護と認定された人が介護保険制度を利用して自立した生活を送れるようサポートする仕事です。ケアマネージャーの仕事内容は多岐にわたり、介護保険の利用者(介護や支援を受ける人)やその家族のニーズを把握し、介護施設で介護を受けられるようケアプランを作成・改善し、さらにそのプランに基づいて利用者が適切なサービスを受けられるように自治体や各事業者に依頼します。介護保険制度の要なだけでなく、利用者1人1人を直接支えられる非常にやりがいのある仕事として、介護職に携わる人で目標とする人も多い職種です。
■ケアマネージャーの資格について
ケアマネージャーになるには指定の試験と研修を受ける必要があります。受験資格は、保健・医療・福祉・リハビリ系の国家資格を持っている人か、またはそれらの分野で5年以上(または900日)業務に従事した人、上記資格を有してなくても老人福祉法・身体障害者福祉法・生活保護法などで定められた施設で10年以上勤続した人になります。試験に合格したのち「介護支援専門員実務研修」を修了した人が晴れてケアマネージャーに認定されます。

コラム