介護事務の資格でできる仕事内容とは

投稿日:2015-04-08

介護事務の資格でできる仕事内容とは

これからますます需要が増えると言われている介護業界の仕事。ホームヘルパーなどの職種は、夜勤を含むシフト制である場合が多いですが、日勤のみとなる介護事務であれば、子供がいる主婦の方でも勤務しやすいと言えます。

そこで今回は、介護事務の仕事内容や、資格についてご紹介します。

介護事務とはどんな仕事?

介護施設での事務全般を担当する介護事務。事務と言っても、一般的なオフィスなどでの仕事内容とは少し異なります。介護事務の主な仕事は、介護報酬のレセプトを作成することです。

レセプトとは、患者が受けた診療について、医療機関が市町村や健康保険組合などに請求する医療報酬の明細書を指します。2000年から始まった介護保険制度で、市町村に介護報酬を請求できるようになったため、介護施設でもレセプトの作成が必要となりました。

介護事務の仕事をするために必要な資格はありません。しかし、現在人気の職種であるため、無資格者が採用されることは難しいと言えます。また、専門知識が必要な職種ですので、資格を取得しておくとスムーズに業務をこなすことができるでしょう。

介護事務の資格「ケアクラーク」と「介護事務管理士」

介護事務の資格はいくつかありますが、主な資格としては「ケアクラーク」、「介護事務管理士」の2つがあげられます。

いずれも介護施設の事務として必要な知識やスキルを認定する資格で、誰でも受験することができます。

ケアクラークは、「財団法人日本医療教育財団」が認定する民間資格で、介護事務管理士は「株式会社技能認定振興協会」が認定する民間資格です。

試験内容は、どちらも介護事務に関する試験とレセプト作成の実技試験を行いますが、ケアクラークはテキストや参考資料を持ち込んで試験を受けることができます。

スクールに通学して取得を目指す方もいますし、市販の参考書などを利用して独学でチャレンジする方もいます。就職する上でどちらが有利ということはありませんので、好きなほうを取得すると良いでしょう。

介護事務の仕事内容とは

介護事務の主な業務は、介護報酬を請求するためのレセプト作成です。また、利用者の負担分についても集計や徴収、管理を行いますが、要介護度によって保険が適用となる範囲が異なるため、利用者ごとに正確に算出しなければならず、専門的な知識が求められます。
そのほか、受付業務や電話応対、備品のチェック、介護スタッフのシフト管理などを行います。

スタッフが不足している介護施設が多いため、介護事務員は上記以外にもさまざまな雑務をこなす縁の下の力持ちといった役割を担うことになるでしょう。

介護事務は、介護職員ほどの体力は必要ありませんので、年齢に関係なく長く働くことができます。超高齢化社会に突入し、ますます需要が高まることが予想されますので、注目の職業だと言えるでしょう。介護の仕事に興味のある方は、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

≫e介護福祉資格 - 介護事務