介護に関する資格はどんなのがあるの?

投稿日:2015-03-09

介護に関する資格はどんなのがあるの?

介護職に関する資格というと、介護福祉士やホームヘルパーなどがよく知られていますが、その他にもさまざまなものがあります。自分の就きたい仕事に就くためにも、どんな資格が必要になるのかを知っておくことが重要です。ここでは、介護職の資格の種類についてご紹介していきます。

介護の代表的な資格にはどのようなものがある?

介護に関連する資格にはさまざまな種類がありますが、代表的なものは介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士です。

介護職員初任者研修は以前「ホームヘルパー2級」と言われていたものであり、介護職で働くためのファーストステップとも言える資格で、実務者研修は初任者研修の上位資格です。

介護職に初めて携わる場合にはまず介護職員実務者研修を目指し、介護の仕事に幅広く挑戦していきたいと考える場合には介護福祉士の取得を目指すと良いのではないでしょうか。

国家資格と国家試験ではないものに分かれる

介護に関する資格には、国家資格とそうでないものがあります。例えば、介護福祉士を始め、社会福祉士、精神保健福祉士、理学療法士、作業療法士などは国家資格ですが、介護職員初任者研修は国家資格ではありません。

また、介護の資格の中で、ケアマネージャーと言われる介護支援専門員という資格がありますが、国家資格ではなく公的資格となっています。ケアマネージャーの資格を取得するには、福祉、保険、医療を始めとする指定された国家資格を取得したうえで、5年以上の実務経験を積まなくてはなりません。

それぞれの資格の違いや特徴は?

では、介護職員初任者研修を始めとする各資格が持つ特徴について簡単に見ていきましょう。

介護職員初任者研修

従来のホームヘルパー2級。介護職の入り口として取得されることが多く、在宅、施設を問わず介護職に就く上で必要となる知識と技術を学ぶことができます。

介護職員実務者研修

初任者研修に比べて、より実践的な技術や知識を身に着けるための過程。6カ月以上の実務者研修の修了と、3年以上の実務経験を積んでいれば、介護福祉士の実技試験が免除されます。

介護福祉士

要介護者の状況に応じた介護をしたり、ヘルパーの指導に当たったりすることができる資格。就職の際、初任者研修、実務者研修の修了以上に優遇される傾向にあるようです。

社会福祉士

要介護者、またはそのご家族の相談に乗り、要介護者の自立支援を助ける上で必要とされるのが社会福祉士。介護福祉士や介護支援専門員などと協力して要介護者の支援に当たることもあります。

精神保健福祉士

心に病を抱えた方の相談に乗りアドバイスや支援をすることで、社会復帰できるように手助けをするための資格です。

理学療法士

リハビリテーション領域の資格。起き上がる、立つ、歩くなどの基本動作の回復をサポートする上で必要とされます。

作業療法士

理学療法士は立つ、歩くといった基本的な動作の回復を目指すのに対し、作業療法士は園芸や手芸といった作業を取り入れながら、日常生活で必要とされる心と体の機能の向上をサポートすることができる資格です。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護が必要な人のために、どんなサービスをどれくらいの頻度で行うかのケアプラン(介護サービス利用計画書)を立てることができる資格です。

未経験の場合はどのような資格を取れば良いのか

介護職に就く上でまず受講すると良いのは、介護職員初任者研修だと言われています。介護をする上で必要となる、基本的な知識や実務を学ぶことができるでしょう。

さらに知識や技術を身に付けて、「介護の仕事を長く続けて行きたい」、「専門性を高めて幅広く活躍していきたい」と考える場合には、介護福祉士の資格取得を目指すのがおすすめ。

介護福祉士を取得するためには専門学校に通うのが近道ですが、受験するにあたって実務者研修は必ず受講する必要があるため、介護の現場で実務を経験している期間に実務者研修を修了する方法もあります。

今回は、介護に関する資格についてご紹介しました。資格を取得することで専門性が身に付き、要介護者に対してより良いケアができるようになりますので、ぜひ自分の目標に合うものを選択して取得に励んでください。

資格取得に関する疑問がある方や、介護職に関する情報をお求めの方は、ご遠慮なくe介護転職までお問い合わせください。

≫e介護福祉資格