e介護転職 > 理学/作業療法士・リハビリ関連

理学療法士・作業療法士・リハビリ関連

理学療法士について

理学療法士(PT)は、厚生労働大臣の免許を受け、医師の指示の下に「理学療法」を行う仕事です。高齢者や人体機能障害を持つ人日常生活における基本動作・運動能力回復・維持のためマッサージや体操、温熱・光線・電気療法・スポーツなど物理的な治療を用いながらリハビリテーションの指導や助言を行います。多くの人の支えになることにやりがいのある介護業界のスペシャリスト「理学療法士」をあなたも一生の仕事にしませんか。

■理学療法士の資格について

理学療法士

理学療法士の国家試験を受験するためには、指定の養成校で3年以上学ぶ必要があります。養成校には大学、短期大学(3年制)、専門学校、特別支援学校(視覚障害者対象)があります。資格取得後、より専門的な知識を身に付ける場合、研究職をめざす場合などは大学院の修士課程・博士課程に進む道もあります。
なお、作業療法士の有資格者は養成校で2年以上学べば受験資格が得られます。また、外国で理学療法士の免許を取得した人は、所定の手続きをとり厚生労働大臣の認定を受ければ、新たに養成校に入る必要がない場合や不足した単位のみ取得すればいい場合もありますので、まず問い合わせてみましょう。

作業療法士について

作業療法士(OT)は、厚生労働大臣の免許を受け、医師の指示の下に「作業療法」を行う仕事です。日常生活における基本動作・運動能力が回復した人に向け、応用動作能力と社会的適応能力を回復させるための指導や助言を行います。作業療法士の資格は一度取れば一生更新の必要がなく求人の需要も大変高く、また多くの人と触れ合い支えとなれる大変やりがいのある仕事なため人気のある職種です。

■作業療法士の資格について

作業療法士

作業療法士の国家試験を受けるためには、国の定めた養成校で3年以上学ぶ必要があります。既に理学療法士の資格がある人は文部科学大臣指定校か、厚生労働大臣指定の養成学校で、2年以上の理学療法士の知識や技術を修得すれば試験が受けられます。
また、外国の作業療法に関する学校を卒業もしくは外国で作業療法士の免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が前2項に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定された場合も受験資格が得られます。